風俗好きの男性を唸らせるほどのサービス精神を持った秋葉原の女性達

もし性的な交流がある女性が夫にあれば、妻はその夫と女性を訴えることも可能です。それによって慰謝料などを請求することも出来るでしょう。もしこれが風俗嬢だった場合には、どうなるのでしょう。例えば夫が風俗店に通いつめ、一人の女性をずっと指名していたとします。当然性的なサービスを受けることが目的です。

裁判の判例などをみると、性風俗店で性的なサービスを受けることも不貞行為と認めているようです。お店であっても、浮気になるということになります。夫婦はお互い以外と性的な関係を関係を持ってはいけない事になっています。それがお店であったとしても、浮気は浮気です。

しかし奥さんが風俗嬢を訴えることは出来ません。仕事としてそのサービスを求めるお客に対して、お金をもらって接客しているに過ぎないからです。これは列記とした商売として認められています。きちんと仕事をして奥さんからそんな訴えを起こされ、それが認められたのであればたまったものではありません。

しかしこれが店から出て、個人的に関係を持っているということであれば話は違います。店外であれば仕事ではなく、ただの不貞行為になります。奥さんから「夫の浮気相手」として訴えを起こされても仕方ありません。そういった店に勤務していない女性が「性的なサービスの対価としてお金を貰っている」という場合にも、ちゃんとした「店」で働いているのではないのですから、浮気相手と判断されることになるでしょう。

とは言え風俗通いは離婚理由にはなります。風俗嬢を訴えることは出来ませんが、浮気を考えるようになった原因としては充分なのです。夫に要求する慰謝料の額に加味されます。女性は夫が浮気をすると「夫よりも相手の女性を責める」という特性があります。お店通いが許せない、ましてや同じ人ばかりを指名しているとなれば、その女性を憎く思うものです。

しかし仕事としている人は「お客さん」として、その時間内誠心誠意仕事をしているだけの話です。店以外のデートにまで応じるようになれば心の交流もあり浮気と考えられますが、店の中だけであるならばそういった感情はないはずです。もし仮に「あなたが好きよ」と相手がのぼせ上がるようなことを言っていたとしても「料金の中にあるサービス」とかわりません。

「お客さんとしか見ていません。」「仕事だから仕方なくやっています」といった態度では、だれも気持よく遊べませんよね。「気分良く遊ばせる」それも込みなのです。店の中で規定のサービスを行っているだけでは、お客さんの奥さんが訴えることは出来ません。