秋葉原の風俗にもあると言われているデートクラブの実態につきまして

デートクラブの「デートを仲介する業務」は、風俗営業法の規制するどの業種にも当てはまりません。あくまでも出会いの斡旋ですから、それ以上の逸脱行為がないならばデートクラブは風俗ではないのです。デートクラブは実際に存在していますので、業種として各自治体が条例によって規制しています。

横一線ではありませんから、各都道府県によって届出が必要であったり必要なかったりとまちまちです。デートクラブのシステムに会員たちは何を求めているのか、何が期待できるということを共通認識としてもっているのか、その実態はつかめていませんよね。

そしてそれを提供するものとして、店側が容認しているのか、それも立証するのは大変です。ステータスが高い男性会員ばかりということになれば、更にそこら辺の実態はつかみにくくなってしまいますよね。通常の風俗のように遊び代も少なくて済み、性的なサービスを提供すると決まっているならば、明らかに風俗です。

そしてもしこれをデートクラブのような方法で集客し、紹介するという形にしても、薄利多売を狙えばそれだけ「合法か否か」の部分に隙ができいてしまいます。一般的な生活レベルの男性は「金を出したらデキなきゃ嘘だ」と考えるのですから、「デートクラブで紹介される相手はデキル相手」ということが常識化し、結局は「管理売春」のようになってしまいますよね。

「出した対価に対する見返り」がはっきりしていないと納得しないのです。そういった男性なのか、余裕があるのかということを振り分けるのに、デートクラブの入会金や年会費が存在していると考えていいでしょう。デリヘル遊びで「割引」に目敏かったり、「ぜんぜん可愛い子じゃなかった!嘘つき!金返せ!」と騒いでるレベルの客層をターゲットにすれば、このデートクラブのシステムを健全に維持できないということになるのです。

デートクラブの男性は女性に何を与えられるのかがハッキリし、女性もそういったスタータスの男性を紹介されるのを待っているというものだと理解できます。お互いが納得できなければ、そういう行為に至らないこともあるというのが自由恋愛です。

デートクラブではデートをしても男性がこの関係を継続しようと思わなければそこで終わりますし、女性も同様です。「継続させたい」と考えれば、話し合いになるでしょう。どこにも「必ず」が存在せず、だからこそデートクラブは違法性がないと判断されるのです。